旅行

北海道の道の駅を楽しもう! ~道北編~ その3

前回まではこちら

北海道の道の駅を楽しもう! ~道北編~ その1釧路・根室地方はこちらから https://gorilla-pt.com/hokkaido-trip-road-station-1...
北海道の道の駅を楽しもう! ~道北編~ その2その1はこちらから https://gorilla-pt.com/hokkaido-trip-road-station-8 ...

 

10.さるふつ公園

国道238号線沿いにあり、猿払村にあるオホーツク側最北端の道の駅です。

道の駅は事務所、売店、炉端焼き、ホテル、レストランと様々な種類の建物があり、隣にはキャンプ場があるため野外で遊んだり、宿泊することも可能となっています。

売店の方では猿払村で最も有名な特産品であるホタテを使ったおみやげやホタテ串といった気軽に食べられる物まで揃っており、特に道の駅弁ホタテめしは絶品です。

甘味の方ではこけももソフトクリームがこの道の駅限定のフレーバーであり、他ではなかなか見かけることのない珍しい味であるため、試しに食べるといいかもしれません。

さるふつまるごと館では自分でホタテを焼いて食べることが出来ます。

まだ比較的新しいお店ですが、非常にリーズナブルな上に味も評判が良く、今後更に人気となっていくでしょう。

ただし焼くのに時間がかかるため、先を急いでいる人はお店の人に確認してから焼いた方がいいかもしれません。

またホタテ丼といった丼もののメニューもあり、ガッツリと食事を取ることもできます。

自宅への発送できる海産物もあるため、おみやげとして利用するのも良いでしょう。

温泉やホテルもあるので宿泊場所としても最適です。

接客も良く、旅行者を温かく迎えてくれるため特に好きな道の駅の一つでもあります。

なお道の駅の近くに地下歩行通路があり、ここを通ると海側へ出ることが出来ます。

人通りもなく、暗く見えるのでほとんど通る人はいないかもしれません。

しかし実はこの通路、奥まで進むとブラックライトで海のアートが照らし出されるという光景が見られるため、ここまで来たら一度見ていただきたいです!

おそらくこの道の駅に寄った人のほとんどが知らずに通過してしまうくらいひっそりとしているため、忘れないようにしましょう!

 

11.森と湖の里 ほろかない

国道275号線沿いにあり、幌加内町市街地から北へ進んだところにある道の駅です。

他の道の駅からアクセスがやや悪い場所にあるため、この道の駅に行こうとしないとなかなか通過することはないかもしれません。

この道の駅の特徴としては幌加内町で全国的に有名な特産品であるそばを堪能できるお店があったのですが、2017年より人員不足のため営業を中止しています。

しかし道の駅から丘の上に進むと温泉施設とそば屋があるため、そこで堪能することが出来ます。

道の駅自体は幌加内そばなどそばを使用したものがおみやげとして多く置かれています。

また熊笹ソフトやそば蜜サンデーなど珍しい食べ物もあるため、軽くお腹を満たすことが可能です。

また市街地から離れており、通行量が多くない道でもあるため車中泊などでは静かに過ごせるかもしれません。

そのまま北へ進むと朱鞠内湖という湖を見ることが出来、そこのキャンプ場で宿泊することも出来ます。

しかし幌加内町と朱鞠内方面は冬になると道内でもトップクラスの積雪量を誇るため、冬期間はそういう場所と思って準備をする必要があるため、事前に天候など確認した方が良いです。

また毎年8月末~9月頃には幌加内そば祭りという、著名人も集まる大規模なお祭りがあり、様々なお店のそばを食べ比べすることが出来ます。

令和2年は9月5~6日開催予定みたいです。

これと合わせて道の駅を通るのもいいかもしれません。

 

12.あさひかわ

国道237号線沿いにあり、旭川駅から橋を渡ってすぐの場所にあります。

北海道第二の都市の道の駅でありながら、規模はあまり大きくありません。

元々地場産センターがあり、旭川市民としては様々なイベントの行われる場所という印象ですが、そこに併設されたような形の道の駅でした。

そのため駐車場も狭く、イベントと重なると駐車待ちするため、旅行者やスタンプラリー目的の方にとって気軽に利用しにくい道の駅かもしれません。

最初はいまいち印象が薄かった道の駅ですが、フードコートを増やしたり、パン屋を作ったり、地元の人だけでなく旅行者も食事を楽しめるようになったため、徐々に改良してきています。

フードコートは旭川の有名ラーメン店である梅光軒やよし乃、からあげ定食を楽しめるあさひ屋、他にもおみやげ店にてジュンドッグがあるため、食事目的で来られると良いかと思いますが、極力イベントが行われることが少ない平日を狙って行くのが良いでしょう。

なお道の駅以外だと旭川空港のリニューアルが繰り返され、こちらも有名店が多く入ったフードコートがあり、市街地からは離れますがおすすめです。

また観光場所としては近年全国的に有名になってきた雪の美術館、今では知らない人がいない旭山動物園など見所は多く、中心部のホテルは安い場所が多いため、北海道旅行の中継地点として旭川を楽しむのは良いかもしれません。

 

13.自然体感しむかっぷ

国道237号線沿いにあり、占冠村の中心部にある道の駅です。

この道の駅は道東方面の高速バスでの休憩所でよく使われるため、バスを利用する人にとってもなじみのある場所となっています。

道東道はよく通行止めになるため、規制解除待機場所として利用する方も多いようです。

そのため規模に対して多くの人数が来ていることが多く、混雑していることが多い道の駅かもしれません。

この道の駅は一時期やっていないお店が多く、地元の人の憩いの場のような雰囲気でしたが最近では様々なジャンルの食事が出来るお店が増え、現在では2つの売店と4つのレストランがあります。

2016年の様子 2016年の様子

またマウンテンバイクのレンタルもあり、周辺の散策を行うことも可能です。

近くには北海道でも有数のリゾート地、星野リゾート トマムがあります。

ここでは雲海テラスがあり、これを目的に来る観光客が非常に多いです。

道の駅で雲海の情報も知ることが出来ます。

見ることが出来れば運が良いので絶対見れるわけではないですが、狙ってみるのもいいでしょう。

 

 

その4へ続きます

北海道の道の駅を楽しもう! ~道北編~ その4前回はこちら https://gorilla-pt.com/hokkaido-trip-road-station-8 htt...